本文へ移動
支えあい誰もが安心して暮らせる福祉のまち 安曇野
社会福祉協議会は民間の非営利団体です。「地域福祉」を推進する事業を行っています。
支えあい誰もが安心して暮らせる福祉のまち 安曇野
社会福祉協議会は民間の非営利団体です。「地域福祉」を推進する事業を行っています。
支えあい誰もが安心して暮らせる
福祉のまち 安曇野
社会福祉協議会は民間の非営利団体です。
「地域福祉」を推進する事業を行っています。

社会福祉協議会は民間の非営利団体です。「地域福祉」を推進する事業を行っています。

住民の皆さんすべてが、毎日を安心して暮らすにはどうしたらいいか…お互いに助けたり、助けられたりしながら、支えあって生きていくことが大切なのです。そんな「ささえあいの社会」をみんなでつくっていこうとする“住民の・住民による・住民のための福祉”が「地域福祉」です。それは、福祉を受ける側・福祉を担う側を越えた関係、つまり「おたがいさま」の関係なのです。
■ひとりの問題をみんなの課題にするのが社協
■人と人をつなげるのが社協
■あなたの声を聞かせてほしいのが社協


安曇野市社協からの新着情報

芸能・音楽ボランティア動画紹介について

安曇野市社協に登録していただいている、芸能・音楽ボランティアの皆さんの紹介動画を公開しました。
コロナ禍で活躍の場が減少している芸能や音楽のボランティアですが、動画で活動紹介をしていただきました。
こちらからご覧いただけます。

安曇野市朗人大学でミニ運動会を開催しました。

新聞を手でちぎって長くしたチームが勝ち!
どうやったら早く、長く切れるか思案のしどころです。
作戦会議などのコミュニケーションは重要です!
みんなの息を合わせて『ヨイショ!』

 5月の入学式からスタートした今年度の朗人大学は、70名の学生が集まって、月1回のペースで開講しています。
 昨年度から引き続き、新型コロナウイルス感染症の対策のため、午前と午後とに分けて開講しています。
 そうしたなか、今年度の新たな取組みとして、10月5日に「豊科勤労者総合スポーツ施設体育館」を会場にして「ミニ運動会」を開催しました。
 1班から10班までの班に分かれて各競技で得点を競いつつ、また、さまざまな趣向を凝らした交流のための競技もあり、コロナ禍に負けじと学生同士で親睦を深めました。
 閉会式では、最高得点の班に、当会就労支援事業所「ステップワーク豊科たんぽぽ」の製品が景品として渡され、健闘が称えられました。 
 学生の皆さんからは「玉入れが一番良かった。童心に帰って楽しむことができた」「パラシュートゲームは、保育園や小学校の運動会では見るだけだったが、自分がやってみるととても楽しかった」「コロナで委縮するような気持ちだったが、今日は本当に楽しめた。ぜひまたやってほしい」「普段は交流のない班の方とも親睦を深めることができた」などの声が聞かれ、大変好評をいただくことができました。 
玉入れは、あせらず網をねらって、ねらって・・・

「にいち会」様よりご寄付いただきました。

7月7日、「にいち会」様から7万円のご寄付をいただきました。
にいち会様は、”21世紀を前に新世紀をめざして頑張ろう”という趣向で発足し、安曇野市にお住いの様々な業種・経歴の方が30人以上集い、20年以上続いている会です。
毎月の情報交換会のほか、ボランティア活動も行っておられ、コロナ禍のなか、”何か会として出来ることをしたい”と、安曇野市社協に寄付を申し出てくださいました。  
いただいた寄付金は、福祉事業のために大切に活用させていただきます。  
ご厚意に深く感謝いたします。

すごろく「歩いてみよう!ヨーロッパ!」完成

mapすごろく
とじこもらず、健康維持などを目的に作成した、歩いた時間で進めるすごろく「歩いてあるいて日本一周!」(全戸配布)は大変好評をいただき、22名の皆さまに「達成証明書」を発行しました。  
そして、このたび第2弾「歩いてみよう!ヨーロッパ!」が完成しました。 たのしく歩きながら、外国のマメ知識も学んでいただけます。 
ご希望の方は、社協本所地域福祉課までお問合せください。 
また、下記からPDFをダウンロードしていただくことも出来ます。
情報をさがす(目的・組織・事業所)
目的からさがす
社協会費
各種ダウンロード
ボランティア
採用情報
イベント情報
その他
TOPへ戻る