本文へ移動

訪問入浴サービス

訪問入浴サービス
電話81−2281(明科総合福祉センター「あいりす」内)

訪問入浴は、浴槽などを搭載した車でご家庭を訪問し、お部屋でお風呂に入っていただくサービスです。現在、安曇野市全域を対象に安らぎのひとときをお届けしています。
看護師が必ず同行し、利用者様のご様子を見ながら入浴しますので安心です。また、介護をされている方の悩みや疑問の相談に応じ、精神的な負担が軽くなるようお手伝いさせて頂いています。入浴車がH23年度に新車になり、浴槽も一新されました。これまで以上に気持ちよくご利用頂いております。入浴中は利用者さんとお話をしながら、ゆったりとくつろいで頂けるよう努めてまいります。
         
入浴車には浴槽やホースがぎっしり詰まっています。
訪問入浴サービスのスタッフ一同です。
訪問入浴サービスの流れ
?はじめに看護師が体温・血圧など体調チェックをします。その間に介護員
  が準備をします。
?浴槽へ移乗し、頭・身体を洗い、ゆったりとお湯につかります。
?入浴後は整容(爪切り・耳掃除等)をして、もう一度体調チェックを行い
  ます。

※以下の写真はサービスの様子を説明するためにスタッフがモデルになって
  います。
浴槽は2つに分かれています。
組み立てた浴槽。2畳程のスペースに設置できます。
浴槽が分割できるので、入口が狭くても搬入できます。
スタッフが安全に浴槽まで移乗します。
洗髪をして身体を洗います。
お風呂に入ることで血行が促進され、体調が良くなり気分もほぐれます。
社会福祉法人
安曇野市社会福祉協議会
長野県安曇野市豊科4160-1
TEL.0263-72-1871
FAX.0263-72-9130

sasaeai@azuminoshakyo.or.jp
----------------------------
社会福祉協議会は民間の非営利団体です。「地域福祉」を推進する事業を行っています。
住民の皆さんすべてが、毎日を安心して暮らすにはどうしたらいいか…お互いに助けたり、助けられたりしながら、支えあって生きていくことが大切なのです。
そんな「ささえあいの社会」をみんなでつくっていこうとする“住民の・住民による・住民のための福祉”が「地域福祉」です。それは、福祉を受ける側・福祉を担う側を越えた関係、つまり「おたがいさま」の関係なのです。
■ひとりの問題をみんなの課題に
 するのが社協
■人と人をつなげるのが社協
■あなたの声を聞かせてほしいの
 が社協
0
1
1
3
6
8
TOPへ戻る