本文へ移動

1期地域福祉活動計画

「絆社会」の実現に、
地域福祉活動計画を共に進めましょう。
少子高齢化が今後ますます進行し、核家族や一人暮らし世帯が増加し、家族・地域の「絆」が脆弱する中、安曇野市の誰もが、ともに助け合い、認め合い、安心・安全に暮らせる安曇野でありたいと願っています。
地域福祉活動計画は、そんな地域づくりを推進していくためのガイドブックです。多くの人たちがこのガイドブックを手に、心ひとつにして地域づくりを進めていきましょう。
     

地域福祉活動計画書

(2012-02-21 ・ 9922KB)

豊科地域
昨年10月末より各地区での説明会が始まりました。現在までに23地区内の18地区で説明会が開催されました。説明会では地域での絆づくり、支え合いの体制づくりとして、「福祉員の設置」を重点的に説明させていただいています。
初めての取り組みのため、福祉員の役割について、みなさん戸惑いもありますが、まずは無理のない範囲でお互いに声掛け、見守りをしていただきたいと思っています。

穂高地域
冊子発行後、区長・地区社協会長・進行見守り委員にお集まりいただき、地域福祉活動計画策定にあたっての趣旨・期間・重点計画・穂高地域の活動計画および市で作成した地域福祉計画との連携、協力について説明しました。
これからは各区の区長を検討委員とし、各地区で住民の協力を得ながら、できるところから具体的に取り組む内容を決めて行くこととしました。すでに具体的に実践に向けての方向性を示している地区もあります。

三郷地域
三郷地域では、12地区社協での説明会が終了しました(1月末現在)。説明会では、単に計画の説明にとどまらず、意見交換のなかで地域住民の皆さま方の共通の思いである「住みよい地域の実現」を望む多くの生の声を伺えたことに大変意義があったと感じます。
今後、この皆さんの思いを各地区社協ごとに実情に合った形で地区社協版の地域福祉活動計画を策定し、具体的な活動の実行に移す予定でおります。また、定期的に関係者による計画の進捗状況の確認と意見交換をする場の「福祉三郷会議」を設けて、三郷地域全体としての計画の定着・推進を図っていきます。

堀金地域
堀金地域では、現在、地域福祉活動計画についての説明会を各地区で随時開催しています。安曇野市社協の5つの重点計画を柱にして、堀金支所では福祉員の組織化、地区サロンの推進と相談窓口機能の強化などを重点に周知していきます。
また、老人福祉センターを地域の拠点として位置づけ、入浴利用などの周知のほか、気軽に地域住民が頼れる社協を目指しています。今後とも、地域福祉活動計画にご理解をいただき、堀金地域の福祉活動推進にご協力をお願いいたします。

明科地域
明科地域では、安心して暮らせる地域社会を目指して、現在までに14地区のうち8地区で役員の皆さまへ説明する機会を設けていただきました。
説明会の中では、地域福祉活動計画策定の背景や趣旨、地域づくりのガイドブックであることなどをお話しし、重点項目のなかでも、特に「福祉員」の設置は隣組長さんに協力を呼びかけています。特別なことではなく、少し意識を持ってさり気なく見守りをして、関係機関への「つなぎ役」として取り組んでほしいとお伝えしております。
社会福祉法人
安曇野市社会福祉協議会
長野県安曇野市豊科4160-1
TEL.0263-72-1871
FAX.0263-72-9130

sasaeai@azuminoshakyo.or.jp
----------------------------
社会福祉協議会は民間の非営利団体です。「地域福祉」を推進する事業を行っています。
住民の皆さんすべてが、毎日を安心して暮らすにはどうしたらいいか…お互いに助けたり、助けられたりしながら、支えあって生きていくことが大切なのです。
そんな「ささえあいの社会」をみんなでつくっていこうとする“住民の・住民による・住民のための福祉”が「地域福祉」です。それは、福祉を受ける側・福祉を担う側を越えた関係、つまり「おたがいさま」の関係なのです。
■ひとりの問題をみんなの課題に
 するのが社協
■人と人をつなげるのが社協
■あなたの声を聞かせてほしいの
 が社協
0
0
2
7
4
3
TOPへ戻る