本文へ移動

ぶれす

相談支援センター ぶれす

「ぶれす」は障がい児を含む障がいのある方に対する『計画相談』と『地域移行支援・地域定着支援』を行う事業所です。
「ぶれす」(breath)とは”息つぎ”という意味があり、”一息ついてゆっくり話をしましょう”という願いを込めて名付けました。また、英語のスペルは違いますが、”祝福する”(bless)という意味もあります。
「ぶれす」は障がいのある方の身近な相談場所として、利用される方の立場に立った心のこもった支援を致します。
「安曇野市社協 相談支援センター ぶれす」をどうぞよろしくお願い致します。

計画相談

法律が改正され、障がい者の分野でもサービスを利用する際の計画である「サービス等利用計画」(高齢者の分野のケアマネージャーが作成する「ケアマネプラン」にあたります)を、平成27年3月までの間に皆さんのサービス計画を作成していく予定です。『計画相談』とは、この「サービス等利用計画」を作成するための相談やお手伝いを行うサービスのことをいいます。

地域移行支援・地域定着支援

『地域移行支援』とは、病院や施設から地域に出て暮らすためのお手伝いを行いサービスです。また、『地域定着支援』とは、地域で一人暮らしをする障がいのある方の相談や急な困りごとに対応するサービスです。


■問合わせ先
相談支援センター「ぶれす」
〒399−8205 長野県安曇野市豊科4160−1
TEL 0263−72−3331
FAX 0263−72−9130

移転しました!

社会福祉法人
安曇野市社会福祉協議会
長野県安曇野市豊科4160-1
TEL.0263-72-1871
FAX.0263-72-9130

sasaeai@azuminoshakyo.or.jp
----------------------------
社会福祉協議会は民間の非営利団体です。「地域福祉」を推進する事業を行っています。
住民の皆さんすべてが、毎日を安心して暮らすにはどうしたらいいか…お互いに助けたり、助けられたりしながら、支えあって生きていくことが大切なのです。
そんな「ささえあいの社会」をみんなでつくっていこうとする“住民の・住民による・住民のための福祉”が「地域福祉」です。それは、福祉を受ける側・福祉を担う側を越えた関係、つまり「おたがいさま」の関係なのです。
■ひとりの問題をみんなの課題に
 するのが社協
■人と人をつなげるのが社協
■あなたの声を聞かせてほしいの
 が社協
0
0
2
7
4
3
TOPへ戻る