本文へ移動

法人情報

 

法 人 名 社会福祉法人 安曇野市社会福祉協議会
所 在 地 〒399-8205 長野県安曇野市豊科4160-1
電 話 番号 0263-72-1871 FAX番号 0263-72-9130
代 表 者 会長 松嶋隆徳(平成25年11月22日より)
設立年月日 平成17年10月3日
職 員 数 513名(平成31年3月現在)
事業内容
1.住民活動の支援・活動者の養成
2.悩み事や困りごとに関する相談事業
3.さまざまな福祉サービス事業
4.福祉啓発・生きがい・ふれあいの場づくり
5.行政等からの受託事業・施設の管理運営
6.介護保険事業
7.障害者自立支援事業

社会福祉協議会は、社会福祉活動を推進することを目的とした営利を目的としない民間組織です。昭和26年(1951年)に制定された社会福祉事業法(現在の「社会福祉法」)に基づき、設置されています。

社会福祉協議会は、それぞれの都道府県、市区町村で、地域に暮らす皆様のほか、民生委員・児童委員、社会福祉施設・社会福祉法人等の社会福祉関係者、保健・医療・教育など関係機関の参加・協力のもと、地域の人びとが住み慣れたまちで安心して生活することのできる「福祉のまちづくり」の実現をめざしたさまざまな活動をおこなっています。

たとえば、各種の福祉サービスや相談活動、ボランティアや市民活動の支援、共同募金運動への協力など、全国的な取り組みから地域の特性に応じた活動まで、さまざまな場面で地域の福祉増進に取り組んでいます。


理  念
支えあい誰もが安心して暮らせる福祉のまち、安曇野


基本方針
1.私たちは、住民の声に耳を傾け、時代とニーズに即した効果的な事業を
  展開します。
2.私たちは、常に住民の立場に立ち、その人権を尊重します。
3.私たちは、多くの諸機関・緒団体と連携・協働し、広域的なネットワー
  クを構築します。
4.私たちは、専門職としての自覚と責任を持ち、常に資質の向上に努めま
  す。
5.私たちは、開かれた組織づくりと健全な経営に努め、組織の基盤強化を
  図ります。


スローガン
思いやりの心を大切に、ずくだせ、知恵だせ、元気だせ


    
   

令和元年度事業計画・予算

令和元年度事業計画書

(2019-05-07 ・ 1542KB)

令和元年度予算書

(2019-05-07 ・ 4658KB)

平成30年度事業報告・決算

平成30年度事業報告書

(2019-06-14 ・ 4462KB)

平成30年度決算書

(2019-06-14 ・ 1260KB)

平成30年度事業計画・予算

平成30年度事業計画書

(2018-05-21 ・ 4086KB)

平成30年度予算書

(2018-05-21 ・ 7969KB)

平成29年度事業報告・決算

平成29年度事業報告書

(2018-06-14 ・ 4050KB)

平成29年度決算書

(2018-06-14 ・ 1213KB)

平成29年度事業計画・予算

平成29年度事業計画書

(2017-04-21 ・ 3309KB)

平成29年度予算書

(2017-04-21 ・ 1025KB)

平成28年度事業報告

平成28年度事業報告書

(2017-06-20 ・ 3418KB)

平成28年度決算

法人単位資金収支計算書

(2017-06-20 ・ 1306KB)

法人単位事業活動計算書

(2017-06-20 ・ 2002KB)

法人単位貸借対照表

(2017-06-20 ・ 1083KB)

資金収支内訳表

(2017-06-20 ・ 1226KB)

事業活動内訳表

(2017-06-20 ・ 1922KB)

貸借対照表内訳表

(2017-06-20 ・ 1854KB)

平成28年度事業計画・予算

平成28年度事業計画書

(2016-04-08 ・ 3039KB)

平成28年度予算書

(2016-04-08 ・ 449KB)

平成27年度事業報告・決算

平成27年度事業計画・予算

平成26年度事業計画・予算

社会福祉法人 安曇野市社会福祉協議会 定款

交通アクセス

長野県安曇野市豊科4160-1
 
社会福祉法人
安曇野市社会福祉協議会
長野県安曇野市豊科4160-1
TEL.0263-72-1871
FAX.0263-72-9130


sasaeai@azuminoshakyo.or.jp
-----------------------------------
社会福祉協議会は民間の非営利団体です。「地域福祉」を推進する事業を行っています。
住民の皆さんすべてが、毎日を安心して暮らすにはどうしたらいいか…お互いに助けたり、助けられたりしながら、支えあって生きていくことが大切なのです。
そんな「ささえあいの社会」をみんなでつくっていこうとする“住民の・住民による・住民のための福祉”が「地域福祉」です。それは、福祉を受ける側・福祉を担う側を越えた関係、つまり「おたがいさま」の関係なのです。
■ひとりの問題をみんなの課題に
 するのが社協
■人と人をつなげるのが社協
■あなたの声を聞かせてほしいのが
 社協
0
2
4
8
7
3
TOPへ戻る