本文へ移動
支えあい誰もが安心して暮らせる福祉のまち 安曇野
社会福祉協議会は民間の非営利団体です。「地域福祉」を推進する事業を行っています。
支えあい誰もが安心して暮らせる福祉のまち 安曇野
社会福祉協議会は民間の非営利団体です。「地域福祉」を推進する事業を行っています。
支えあい誰もが安心して暮らせる福祉のまち 安曇野
社会福祉協議会は民間の非営利団体です。「地域福祉」を推進する事業を行っています。

社会福祉協議会は民間の非営利団体です。「地域福祉」を推進する事業を行っています。

住民の皆さんすべてが、毎日を安心して暮らすにはどうしたらいいか…お互いに助けたり、助けられたりしながら、支えあって生きていくことが大切なのです。そんな「ささえあいの社会」をみんなでつくっていこうとする“住民の・住民による・住民のための福祉”が「地域福祉」です。それは、福祉を受ける側・福祉を担う側を越えた関係、つまり「おたがいさま」の関係なのです。
■ひとりの問題をみんなの課題にするのが社協
■人と人をつなげるのが社協
■あなたの声を聞かせてほしいのが社協

安曇野市社協からの新着情報

「こくみん共済 COOP」様よりタオルをご寄付いただきました。

 12月16日、「全国労働者共済生活協同組合連合会(こくみん共済 COOP)」様から、タオル1,000枚をご寄付いただきました。
 こくみん共済 COOP様は、福祉活動の一環として、毎年約800組の参画労働組合に未使用タオルの寄付を呼びかけ、1,000枚集まったところで、福祉施設に寄付をしていらっしゃるそうです。また、活動は今年で6年目となるとのことです。
 寄付の対象となる福祉施設は、東信、北信、中信、南信から順に選ばれており、今年度は、中信地区から当会を選んでいただきました。
 いただいたタオルは、高齢者施設や障がい者施設を中心に、各事業所で大切に活用させていただきます。
 ご厚意に深く感謝いたします。

「穂高わたぼうし」にキラキラクリスマスツリーができました!

  「放課後等デイサービス」は、小学生から高校生までの、障がいのあるお子さんや発達に特性のあるお子さんが、放課後や夏休みなどの長期休暇に利用できる福祉サービスです。
 12月を迎えて、「放課後等デイサービス穂高わたぼうし」では、恒例のクリスマスツリーを飾ることになりました。
 毎年工夫をこらしていますが、今年はボードで立体のツリー作り、子どもたちが作ったリースやオーナメントできれいに飾りつけました。
子どもたちの背丈よりも大きなツリーは存在感があり、見ごたえたっぷりです。
 新型コロナウイルス感染症拡大により世界中の人々が大きな影響を受けた2020年もあとわずかですが、引き続き子どもたちが日々を楽しく過ごし、元気に年を越せることを願っています。
放Dわたぼうしクリスマス

すごろく「歩いてみよう!ヨーロッパ!」完成

mapすごろく
 とじこもらず、健康維持などを目的に作成した、歩いた時間で進めるすごろく「歩いてあるいて日本一周!」(全戸配布)は大変好評をいただき、22名の皆さまに「達成証明書」を発行しました。
 そして、このたび第2弾「歩いてみよう!ヨーロッパ!」が完成しました。 たのしく歩きながら、外国のマメ知識も学んでいただけます。 ご希望の方は、社協本所地域福祉課までお問合せください。
また、下記からPDFをダウンロードしていただくことも出来ます。
 
 

外出自粛でも楽しめるようにオリジナルすごろくを作りました!

mapすごろく
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、全国的に外出自粛が呼びかけられています。
しかし、健康維持のために運動することも大切です。
そこで、安曇野市社協はみなさんに散歩をオススメしようと「すごろく」を作りました。
歩いた時間に応じてコマを進め、ゴールすると全47都道府県のおいしいものを食べ歩いた気分が味わえるオリジナルのすごろくです♬
実際、各地に足を運ぶ日を楽しみに、今はこのすごろくを活用してお散歩を楽しんでもらえたら嬉しいです。
ぜひ、体を動かして健康の維持に努めましょう。
 
 

歩いて日本一周すごろく

(2020-05-11 ・ 1671KB)

情報をさがす(目的・組織・事業所)
目的からさがす
社協会費
各種ダウンロード
ボランティア
採用情報
イベント情報
その他
TOPへ戻る